工場での主な仕事内容

工場では、食品や化粧品、薬品や自動車関係と製造している商品は多岐にわたります。細かい作業内容は商品によって異なりますが、いくつかの工程に分けることができます。代表的な業務の内容であるライン作業は、ベルトコンベアーに流れる製品を検品したりする作業です。手作業で行う場合と機械を使用してオペレーションを行う場合があります。商品を仕上げるための一つの工程を担当する形になり、手早く仕上げるのがポイントにはなりますが、単純作業になるため未経験者でもはじめやすいという特徴があります。 ピッキング作業は、伝票や指示書に沿って部品や商品を集める作業になります。初心者でもできる内容もあれば、フォークリフトなどの免許が必要になる場合もあります。検品は、仕上がった製品に問題がないかを確認する作業になります。機械を使用する場合と、目視などで検査する場合があります。

ライン管理の仕事とは

ライン管理の仕事は、ライン工程の管理をする仕事になります。ライン工程全体を見ながら、きちんと計画通りに生産が追い付いているかなどを把握しなければいけません。工場によっては、目標生産量を達成するための、欠員が出た場合の人員の対応などもライン管理の仕事となります。現場での経験が必要になるため、現場の業務を一通り経験してから配置される場合もあります。アルバイトなどの場合は、ライン工程の一つに固定して配置される事が一般的ですが、正社員の場合は、まとめ役としてライン管理に配置される場合もあります。工場勤務は、安定した収入やしっかりと休みを取れるだけでなく、学歴を問われることも少ないので多くの方が活躍できる場でもあります。

工場の仕事はモノづくりに携われるお仕事です。作っているものも多岐にわたります。未経験からの工場の転職も可能です。労働環境や勤務体系を鑑みて工場転職を考えてみるのもいいかもしれません。