立ち仕事が中心の現場は翌日以降に疲れが残ることも

工場の仕事を探すときに注意したいポイントはいくつかありますが、特に残業時間の幅が広い場合は、時期によってオーバーワークになることもあるため十分に気を付けましょう。特に、重量のある部品の組み立て作業などを担当する製造ラインでは、長時間の立ち仕事により肩や腰などの負担が大きくなり、翌日以降も疲れが残ったり怪我の原因となったりすることもあります。そうした問題を防ぐには、求人先に各部門の平均的な残業時間について質問をして、無理なく働けるか判断をすることが大切です。また、二交代制や三交代制など日によって早朝や夜間など勤務の時間帯が異なる工場においては、残業により離職のリスクが高くなるため慎重に職場選びをしましょう。

しっかりと毎月の残業代が支払われるか確認しよう

人員不足の影響で年間を通して残業時間が長い工場に就職をする際は、定期的に休暇が取れるか確認をするだけでなく、毎月の残業代がしっかりと支払われるのか勤務開始前に確認しておくことが重要です。例えば、経営状態が不安定なところや、人事や経理のスタッフの数が少ないところでは、それぞれの現場の従業員の残業時間の管理があいまいになったり、残業代の支給が大幅に遅れたりするケースもあります。また、工場によっては、残業手当を計算する手間を省くため、初めから基本給に所定の時間の残業手当が組み込まれているところもあります。そうした中、待遇の面で不満なく働くには、求職中にそれぞれの工場の給与の仕組みをよく理解することが大事です。

派遣の仕事探しをする際には、派遣会社のコーディネーターへ相談します。ヒヤリングをした上で最適な求人を斡旋してくれます。